車内の臭い

みなさんは、車を査定に出すとなると、どういったポイントを、査定の重要なポイントだと考えますでしょうか?
いろいろな要因が頭に思い浮かぶことと思います。

実際によくイメージされるのが、車内の汚れが、マイナス査定につながるのでは?といった勘違い。
実は、汚れよりも、臭いのほうが、査定の際にマイナスの影響を及ぼすのです。

売りに出した愛車は、次の所有者の手元に入ることになります。 が、次に購入する人が、その車の臭いが原因で、敬遠するような状態になってしまっては、その車は、次に売ることが難しくなってしまいます。
そんな理由から、臭いというのは、買取りの際の査定に、大きな影響を与えるのです。

また、ペットと一緒に車によく乗る人にとっては、ペットの臭いも問題です。 車内の内装を引っ掻いた痕や、カーペットやシートへのペットの汚れといったものも、マイナスの査定となってしまいます。 自分自身の愛車ですから、それを清潔に保つことは、ある種、当然のことと言えます。

そして、いつかはそんな愛車も売りに出す可能性が高いのです。それを考えると、日々、しっかりと愛車を清潔に保ち、いざ売却する際に、高価な査定をしてもらえるよう、日頃から配慮するようにしましょう。
そして、そんな清潔な車は、やはり高額査定に結びつきますので、おろそかにしないように、配慮しておきましょう。